パソコン基盤のイメージ

ノートパソコン液晶パネル修理方法

ノートパソコン液晶パネルは非常に壊れ易い部分です。テレビが映らなくてたたくと直ったなんていう昔風の直し方をしようものなら一瞬で割れてしまいます。
特に多いのが、ノートパソコンを閉じる時にうっかりボールペンなどがキーボードの上にあって、そのまま閉じて割れてしまったというもの。
キーボードの上には一切物を置いてはいけませんね。






また、満員電車で押されてディーバックの中にあったノートパソコンが変形して画面が割れたという悲惨な修理もありました。気をつけたいものです。

この液晶パネル故障修理というのはとにかく高価な修理の一つです。メーカーに修理依頼すると6〜10万円程度の見積が出ます。昔の1インチ1万円だった時代はともかくとして、最近では部品はずいぶん安くなっていますので、弊社にご依頼いただければ無駄な出費を抑えることが出来ます。


まずは、壊れた液晶パネルを良く見てください。ヒビが入っていますか?この場合は、液晶パネルの交換が必要です。液晶パネルは複数の薄いガラスとフィルター、反射板で構成されています。表面は割れていなくても内部の液晶が黒く滲んでシミになっている場合は交換が必要です。


薄くアイコンなどが見えるがとにかく暗いという場合はインバータやバックライトの交換修理となります。


弊社では海外の商社と直接取引することにより部品を安く仕入れることが出来ますので、メーカーの半値以下で修理が可能です。また、ハード面、ソフト面に精通した技術者が作業しますので、修理作業に無駄が無く、費用を安く抑えることが出来るのです。



NEC Lavie PC-LL550TG、PC-LL550SGシリーズでは、バックライトが消えてしまう不具合の修理が多くなっています。マザーボードの回路修復で修理が可能です。
この機種ではACアダプタを取り外し、バッテリーで起動させて液晶画面が明るい場合はマザーボードの回路不良で間違いありません。
弊社で100%修理が可能です。




故障状況

液晶画面に衝撃を与えて画面が割れてしまった。
右の写真では、液晶が白いシミのようになっています。

液晶が割れてしまった場合はパネルの交換修理となります
画面に青や赤などの線が入るようになった。
17インチ以上の大画面では、このライン抜けと呼ばれる不良が多いようです。
縦線が入ってしまう場合は液晶パネルを交換しないと直りません。
電源ランプが点灯し、パソコンが起動しているが画面が出ない。

デスクトップ用の外付けディスプレイを接続すると画面が表示される。

画面がうっすらと映っている場合など。
バックライト不良の場合はうっすら映っていることが多いです。




修理箇所

液晶ユニットを交換いたします。
液晶パネルを新品部品に交換します





修理費用

▼お見積
液晶バックライト不良の場合は、診断料・工賃・部品代込みで18,000円(税別)〜となります。

液晶ユニット交換の場合は、以下のとおりです。
診断料 2,000円(税別)
液晶ユニット交換作業 10,000円(税別)〜12,000円(税別)程度
液晶ユニット部品代 10,000円(税別)〜
合計金額 22,000円(税別)〜

液晶パネルのサイズ、解像度によりパネルの価格が異なります。
パソコンの型番をお見積フォームよりご連絡くださいませ。



修理のご相談・無料見積はこちら